包茎お便り記事一覧

「包茎」で悩んでいる男性というのは思いのほか多いものです。実に6〜8割の男性が包茎とも言われています。包茎と一口に言っても、種類が分かれているので単純に包茎ですますのは適切ではありません。・仮性包茎一番多いタイプの包茎です。通常時は包皮が亀頭を覆っていますが、剥こうと思えば手で皮を剥くことができる場合は仮性包茎です。この場合は、特に性交等に支障はきたしません。手術も必要ではありません。受けることは...

包茎というのは、亀頭が包皮で覆われている状態を指す言葉で、病気を意味しているわけではありません。包茎にも種類があって、包皮の翻転が可能なものを仮性包茎、不可能なものを真性包茎といいます。小児の場合、ほとんどの男児が真性包茎ですが、これは全く気にする必要はありません。逆に気にしてむやみに翻転をしてあげたり、洗ってあげたりすることの方が、炎症を起こしやすくなるので要注意です。よくお母さんなどは、陰部を...

わたしは包茎です。それで切実に悩んだことはありませんが、やはり少しは悩みます。おそらく真性包茎ではなくて仮性包茎だったからだと思います。聞いた話によると日本人男性の六割が仮性包茎だということですから、そこまで偏見などはないのでしょう。ある意味マジョリティの立場にいるわけです。ですから、仮性包茎だからということによって誰かに何かを言われて嫌な思いをしたことというのが一度もないんです。もちろん冗談でそ...

親のススメで、小学校の時に包茎手術をした同級生がいた。手術したチンポがどんなものかを、中学校の修学旅行の温泉時に見ることになる。どんなに凄いのかと思ったけど、そんなに自分のチンポと変わらなかった。自分は普通に剥けていたので。手術痕などは分からなかった、気になったのは親御さんがどんな面持ちで息子に手術させたのが中学生なりに気になっていたけど。剥けてるが、仮性包茎でもないと自分では思っているが実際分か...

私は性に対して興味を持ち始めたのが高校生になってからということで、かなり遅い方でした。それでも高校に入学して新しい友達と付き合うようになり、思春期の男性が行うことについて教わりまして、性欲が溜まった時は自慰を行っていました。その後人生で初めて恋人ができまして、健全な付き合いをしていたのですが、家族で旅行に訪れて入浴している際に、大学生の兄から私の性器がほうけいであること告げられました。私はほうけい...

よく包茎で悩んでいるのは男性だけという風に思っている男性がいますが、実際はそうではないです。というのも、男性の包茎というのはパートナーの女性にとっても重要な事だからです。ただ、男性の場合と女性の場合で包茎である事の悩みの種類は違います。男性の場合は包茎である事で男として情けないという風に思っているというのに対して女性がパートナーの男性が包茎である事によって抱える悩みはパートナーの男性が包茎である事...

赤ちゃんの高熱を出す原因のひとつに「尿路感染症」という病気があります。尿路の奇形などにより尿の逆流が起こって菌が繁殖しているものもありますが、赤ちゃんの多くは包茎で、皮の中に汚いゴミがたまり細菌が繁殖して尿路に侵入し、膀胱や腎臓で炎症を起こして発熱させます。この状態を尿路感染症といい、高熱を出して初めて気付き、一週間以上入院することになります。これは包茎が原因で赤ちゃんが入院するのです。こうなると...

私は看護師をしています。これまで泌尿器科や美容整形、包茎クリニックなどで勤務をしたことはありませんが、包茎の人にかかわったことは何度かあります。最近は性交渉が若年化し、男性も早くから自分の生殖器に関心を寄せるようになります。また自分は包茎ではないかと心配する人も多いです。その中には仮性包茎ではなく、真性包茎の人も意外にたくさんいるのです。そのような方は精神的にも悩みを抱えているのですが、あまり人に...

私の恋人はヨーロッパ人で、小さいころ包茎手術を受けています。イスラム教徒やユダヤ教の人は、生まれるとすぐに「割礼」を行うと聞いていましたが、ヨーロッパ人でもしている人はいるみたいです。彼の場合、子供の時に包茎のために感染症にかかってしまったそうです。それがきっかけで、8歳のときに包茎手術を受けたのだそうです。ヨーロッパ人で割礼しているのは、ほとんどがそういう理由だと聞きました。私は彼と会うまでは男...