ヨーロッパ人の恋人が8歳で包茎手術を受けた話

 

私の恋人はヨーロッパ人で、小さいころ包茎手術を受けています。

 

イスラム教徒やユダヤ教の人は、生まれるとすぐに「割礼」を行うと聞いていましたが、ヨーロッパ人でもしている人はいるみたいです。

 

彼の場合、子供の時に包茎のために感染症にかかってしまったそうです。それがきっかけで、8歳のときに包茎手術を受けたのだそうです。ヨーロッパ人で割礼しているのは、ほとんどがそういう理由だと聞きました。

 

私は彼と会うまでは男の人の包茎について、まったく知識がありませんでした。

 

初体験の時に初めて男性器を間近でみましたが、その時は包茎かそうでないか観察する余裕がなかったし、その後、性行為に至った人についても同じようなもので、まじまじと包茎のペニスを見たことがありません。

 

恋人いわく、割礼をするのは宗教の教えというよりも、主に衛生面の理由なんだそうです。

 

皮が被っていると、そこにばい菌が入り込み不衛生になりがち。なので、それを避けるために生まれたらすぐに割礼をするのですね。

 

確かに恋人のペニスの亀頭の形を見ていると、これに皮が被っていたら知らないうちに悪いものが入りそうだなと思います。

 

女性の側に立って考えると、セックスするとき、ばい菌いっぱいのあそこが中に入ってくるのを想像すると非常に不快に感じます。

 

それから、彼が面白いことを言っていました。手術はとても痛くて泣いたけれど、執刀医が「18歳になったら、君は私に絶対感謝するよ」と言ったそうです。

 

その時は何のことを言っているのかまったくわからなかったそうですが、性行為をたくさんするようになって、割礼をしていない友人に比べると勃起時間(勃起力)が長いということがわかったそうです。

 

割礼をすると感覚が少し薄れるのですが、その分、射精するまでの時間が稼げるということだそうです。本当かどうか知りませんが、確かに彼のセックスは今までの人に比べると濃厚なんです。

 

 

ヨーロッパ人の恋人が8歳で包茎手術を受けた話関連ページ

「包茎」とは一体どのような症状なのか?
全国に店舗を持つABCクリニックの評判は?包茎手術を受けた口コミを掲載しています。
真性包茎なら包茎手術を受けよう!
包茎のタイプはいろいろあるのですが、真性包茎の場合は包茎手術を受けたることが望ましいです。
仮性包茎は臭いのが辛いところ・・・
仮性包茎は包茎手術を受けなくてもいいと聞いたことがありますが、臭いの面で言えば包茎であることはあまり好ましい状態ではないのです。
小学生でも包茎手術をする人もいるんです!
実は僕が小学生のときに同級生が包茎手術を受けているんです。それがいいのか悪いのかわかりませんが、ちょっとショックを受けた出来事です。
28歳のほうけい。異性との付き合いができないでいます。
私は自分が「ほうけい」なんだという自覚をしてから女性とうまく付き合うことができなくなっています。現在28歳、ここ数年間は誰とも付き合っていません。良くない状態から解放されるためにも方形手術を受けるべきなのか考えているところです。
女性は包茎が気にならない!?性病さえ気を付けていれば問題なし!
男性自身が包茎を気にすることは女性から見たらさほど気にならないという人も多いです。でも臭いや性病は気にして清潔にしておきたいところです。
赤ちゃんはみんな包茎?大丈夫なものとそうでないもの
赤ちゃんはみんな包茎ですが、それが原因で病気になることもあるので、親御さんは尿路感染症という病気を知っておいてください。
看護師の私が関わった包茎手術をして人生が変わる人たち
私は泌尿器科で看護師をしています。これまで包茎手術を受けに来た患者さんを何人もお世話してきました。